インテンシブコース

授業の構成

インテンシブコースは、月曜から金曜までの午前もしくは午後、1週間から24週間のバリエーションがあります。コースは4週間を1タームとし8段階のレベルに分けられていて、生徒はそれぞれの段階の中でイタリア語の知識を深め、豊かな表現ができるようプログラムが組まれています。“まったくの初心者”である方をのぞいて、生徒はコースの初日にレベル分けのための筆記テストとイタリア語での簡単なインタビューをおこないます。それによって生徒は、ふさわしいと思われるクラスに配属され、それぞれのレベルで必要とされる文法の最大限の知識を身につけ、会話や作文においても、その場にあった正しい単語を使って豊かな表現ができるよう表現力のアップを目指します。それぞれのコースの終了時には試験があり、試験に合格した生徒にはそのコースを修了した証明書をお渡ししています。

Testimonials:

Sylvia Plyler Sylvia Plyler

Silvia Torres Silvia Torres

Stephanie Garstenauer Stephanie Garstenauer

 

初級

A)イタリア語は全く初めてという方のために、文法の基礎から学びます。日常生活のベースになる会話を正確に話せるよう学習します。
B)
イタリア語の基礎を少し勉強したことのある方のために、日常生活の場面を設定しながら、それに必要な自己表現ができることを目標としています。

中級

A) 敬語の使い方や仮定法、過去形の理解と、より豊かな表現方法を学びます。
B)会話の内容を深め、正しい表現ができるようにさらなる語彙の充実を目標としています。ジャーナリズムや文学など文語表現も学びます。

上級

A)イタリア語の文法の中では難関の一つともいえる時制の一致、また動詞の変化や代名詞、文語表現の理解を深めることを目指します。ビデオなど視聴覚設備も利用します。

B)接続法・仮定法・非人称・受動態などを中心に文法表現をさらに深く掘り下げて学習します。会話の授業では映画や文学作品についてのディスカッション、文章発表などをしていただきます。

修了コース

文章論に基づく文章の書き換えや、それに伴なう意味の変化、言語学上の同意語・反意語・イディオムの研究や論文を書く上での文章テクニックの向上などをめざします。また、このコースの修了者には修了認定書が発行されます。

マスターコース

既にイタリア語の知識が十分にある方で、さらに理解を深めたい方。知識をリフレッシュしたいかたのためのコースです。