フィレンツェの滞在先

充実した留学生活を送るには、自分に合った滞在形式を選ぶことがとても大切です。当校では希望の方にフィレンツェでの滞在先を紹介しています。アパート、ホームステイは基本的に学校から徒歩圏内にありますが、混み合う時期には少し郊外になる場合もあります。滞在期間は原則コースの始まる1日前からコース終了の翌日までですが、空き状況によってはその前後の宿泊も可能な場合があります。

個人アパートメント:プライベートな環境を望む方、他人に気を使わずマイペースで生活したい方、友達や家族と一緒に住みたいという方のための滞在形式です。家具付きで、リネン類や調理器具、食器が揃っています。

学生アパートメント:1つのアパートメントを、他の留学生やアパート所有者とシェアして住む滞在形式です。家具付きで、リネン類や調理器具、食器が揃っています。キッチン、バス、トイレは共有です。

ホームステイ:イタリアの家庭で生活しながら、イタリアの生活習慣、文化、生きたイタリア語を学びたい方のための滞在形式です。日本とは異なった生活習慣、生活文化を受け入れる必要があります。イタリア式の軽い朝食と夕食が毎日提供されます。キッチンの使用は原則としてできませんので、滞在先で自炊を希望する方にはお勧めできません。バス、トイレは共有です。家庭によってはイタリア人一人で住まれている場合や、他にも留学生を受け入れている場合があります。

その他の滞在形式:ホテル、ペンション、レジデンスホテル等の予約のお手伝いも可能です。

 

滞在方法:料金(ユーロ) *料金はあくまでも目安です。
個人アパートメント
(4週間・水道光熱費は含まず)

 
800 – 1200
学生アパートメント
(4週間・水道光熱費は含まず)
シングルルーム
450 – 540
ダブルルーム(1人あたり)
370 – 450
ホームステイ
(4週間・水道光熱費含む)
シングルルーム 朝食・夕食付き
850 – 920
ダブルルーム(1人あたり)朝食・夕食付き
750 – 820
ホテル
(一泊の料金)

シングルルーム
60 – 100
ダブルルーム(2人使用)
105 – 140

*1~3週間の料金に関してはお問い合わせください。

*ダブルルームは2名での参加のみお受けします。

滞在規則:生徒は、賃貸料、光熱費(水道、ガス、電気等)、デポジットなどを指定の方法でお支払いいただきます。(アパート、ホームステイの場合は現金。ホテルの場合は現金またはクレジットカード)
滞在先での通常の使用における備品、配水管などの故障については、家主がその責任を負うものとします。ただし、明らかに生徒の責任と思われるトイレや配水管の故障、詰まりについては使用した個人が責任を負うことになります。また、電球、洗剤、トイレットペーパーなどの消耗品は各自ご購入いただきます。
イタリアでは登録された住民以外の人間を無許可で滞在させることはできません。生徒は家主の許可なく、友人や家族を賃貸中の住居に滞在させることはできません。禁止行為・迷惑行為などを行う学生に対して、家主は滞在期間途中でも退去を命じる権限があります。その場合の家賃の返金はありません。また個人的理由による途中退去の家賃の返金はありません。